文京区にある産婦人科の紹介

クリニック紹介

院長紹介

サンヒルレディースクリニック院長

Koichi Kubota

  • 日本産婦人科学会認定 産婦人科専門医
  • 母体保護法指定医
  • 日本臨床細胞学会認定 細胞診専門医

略歴

1977年 千葉大学医学部卒業
千葉大学病院産婦人科入局
1984~2007年 千葉市立海浜病院 勤務
2007~2015年 オーククリニック フォーミズ病院 勤務
2015年11月 サンヒルレディースクリニック 開業

ごあいさつ

昭和52年、千葉大学医学部卒業後、長年にわたり産科及び婦人科医療に携わりました。正常分娩、帝王切開はもちろん、切迫早産などの異常分娩の予防、管理にも精通し、妊婦健診を分娩病院と協力し、責任を持って行います。また、婦人科領域では子宮がんの診断と治療、及び、良悪性卵巣腫瘍の診断と治療をそれぞれ多数例、経験してまいりました。

当院では分娩施設との情報連携による妊婦健診、婦人科一般検査、生殖内分泌検査を行います。特に細胞診専門医を生かした子宮頸部各病変の診断を率先して行います。また、女性に特有な心身にまつわる疾患を主として予防医学的観点から取り扱う、女性ヘルスケアにも積極的に関わっていきます。

この度、文京区千駄木の地にご縁をえまして、クリニックを開業させていただくことになりました。今後は今までの経験を踏まえて地域医療に微力ではございますが貢献できれば、これ以上のうれしいことはありません。

院内風景

設備紹介

  • 経腹超音波診断装置(エコー)

    経腹超音波診断装置(エコー)

    主に妊婦検診の際に使用します。お腹にいる赤ちゃんの動いている様子などをリアルタイムで見ることができます。また、子宮、附属器をはじめ、腹くう内臓器の観察に用いることもできます。

  • 経膣超音波診断装置

    経膣超音波診断装置

    膣内に細長いプローベを入れて観察するための装置です。子宮、卵巣などをより詳細に観察することができます。

  • 子宮膣部拡大鏡(コルポスコープ)

    子宮膣部拡大鏡(コルポスコープ)

    子宮膣部、膣壁、外陰部などを拡大して精密に観察する装置です。異常を認めた部位を一部切除して組織検査を行い、細胞診と合わせて診断します。

  • 生体情報モニタ

    生体情報モニタ

    全身状態をモニターする装置です。静脈麻酔下の手術などの際に使用します。患者さまの心拍数、血圧、呼吸数、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)などを管理することで、手術の安全に配慮しています。

診療時間

休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日

ページの先頭へ