文京区で妊婦健診が受けられる産婦人科

妊婦健診

妊婦健診について

妊娠初診

生理予定日に生理が来ない方で、心当たりがある方は、まず市販の検査薬を使用してみましょう(当院でも検査薬をご用意しております)。陽性反応が出た場合は症状がなければ生理予定日から2週間経過したころの受診をお勧めします。検査薬を使用するタイミングは、生理予定日から1週間後が目安となります。この時期になると、子宮の中に胎嚢(赤ちゃんが入っている袋)が超音波で確認できるようになります。

初診+超音波検査 7,000円+税
妊娠検査薬 1,500円+税

妊婦健診とは

胎嚢確認後、約2週間で赤ちゃんの心拍が確認できるようになります(実際に音として聞こえるようになるのは12週頃からです)。心拍確認後、さらに2週間ほどで赤ちゃんの頭や体が分かるようになります。胎児の大きさがはっきり分かるので、出産予定日を決定します。予定日決定と同時に分娩先を決めます。当院では分娩を行っておりませんので、近隣の施設をご紹介させていただきます。また、里帰り出産をご希望の場合は、里帰り先の施設に対して紹介状をお出しますので、お申し出ください。

毎回行う検査
  • 超音波検査にて胎児の大きさ、位置、胎児心拍の確認
  • 体重測定
  • 血圧測定
  • 尿検査(たんぱく、糖)
  • むくみの有無 など
時期別に行う検査

下記料金は、クーポン(妊婦健診補助券)を利用したときの料金です。補助券は、居住地域の役所に妊娠届を提出した際に、母子手帳と一緒に発行されます。クーポンがありませんと全額自費負担になりますので、予定日が確定した時点で必ず役所に受け取りに行きましょう。

10週前後
  • 基本健診:超音波、血圧、体重測定、尿検査、膣一般細菌培養
  • 初期血液検査:血液型、血算、血糖、甲状腺機能、梅毒、HIV、肝炎ウィルス(B,C型肝炎)、風疹抗体、不規則抗体、トキソプラズマ抗体、HTLV-1(成人T細胞白血病)
12週前後
  • 基本健診:超音波(可能ならNT確認も)、血圧、体重測定、尿検査、子宮頸がん検診
16週前後
  • 基本健診:超音波、血圧、体重測定、尿検査、子宮底長、腹囲測定、クラミジア、子宮頚管長測定、内診(早産予防)
  • 希望者にはクアトロ検査
20週前後
  • 基本健診:超音波、血圧、体重測定、尿検査、子宮底長、腹囲測定
24週前後
  • 基本健診:超音波、血圧、体重測定、尿検査、子宮底長、腹囲測定
26週前後
  • 基本健診:超音波、血圧、体重測定、尿検査、子宮底長、腹囲測定
  • 中期血液検査:血算(貧血検査)、血糖値(HbA1c)
28週前後
  • 基本健診:超音波、血圧、体重測定、尿検査、子宮底長、腹囲測定
30週前後
  • 基本健診:超音波、血圧、体重測定、尿検査、子宮底長、腹囲測定
  • 分娩病院への紹介
32週前後 ※希望者のみ
  • 基本健診:超音波、血圧、体重測定、尿検査、子宮底長、腹囲測定
文京区在住の方、文京区外在住の方で料金が異なる場合がございます。 詳しくはお電話(03-3823-8828)、もしくはメールフォームからお問い合わせください。
追加検査

ご希望の方や当院にて必要と判断した方には、下記検査を追加で行っております。

クワトロテスト 30,000円
サイトメガロ 2,000円
水痘・帯状疱疹ヘルペス 2,000円
麻疹 2,000円

妊娠30週以降について

当院では分娩を取り扱っておりませんので、分娩を取り扱う施設への転院をサポートさせていただきます。転院の時期は、転院先によって異なる場合がございますので、事前に確認しておくと良いでしょう。当院での検診は原則として30週頃までとさせていただきます。以降は分娩病院での健診をお願いいたします。

出生前診断について

妊娠9~18週頃に行われる診断で、胎児に奇形や障害、染色体異常がないかどうかを調べるための検査です。最近では、高齢出産が増えてきたので、出生前診断に対するニーズも高まっています。しかし出生前診断を受けるということは、赤ちゃんに異常があった時にどうするかを事前に考えるべきです。また、限られた疾患に対しての検査ですので、「100%障害がない」とは言い切れません。

当院では、下記の検査を実施しております。

クアトロテスト

クアトロテストで判明する疾患は、ダウン症候群(21トリソミー)、18トリソミー、開放性神経管奇形です。妊婦から血液を採取し、血液中の成分を測定することで判定します。100%の結果が得られる検査ではないのでご注意ください。

陽性の場合、「対象疾患である確率は高いが必ずしも対象疾患に罹患しているわけではない」という診断となります。より確実な診断結果を求める場合は、NIPT(新型出生前診断)または羊水検査が必要となります。

ページの先頭へ