文京区で避妊・中絶が受けられる婦人科

避妊・中絶

避妊について

望まない妊娠を避けるためにも、避妊について正しく理解して、自分の身体を守りましょう。

低用量ピル

低用量ピルには女性ホルモン(卵胞ホルモン、黄体ホルモン)が含まれており、排卵を抑制したり、受精卵の内膜への着床を妨げたり精子の子宮内への侵入を防いだりする働きの他にも月経周期を規則的にする、月経痛を軽くする、月経量を減らす、月経にまつわる不快感を減らすなどの働きもあります。避妊だけではなく、月経異常の治療でも用いられます。

初診料(診察、エコー代含む) 3,000円
低用量ピル(1ヶ月分) ※2回目以降は薬の受け取りのみでも可 2,200円
再診料 ※薬のみの場合不要 1,000円
血液検査(継続して服用の場合、半年ごとに必要) 3,000円

IUD(子宮内避妊具)

子宮内にプラスチック製などの器具を挿入することで受精卵の着床を妨げる方法です。月経開始後10日以内に医師が挿入します。子宮の変形や炎症があると使用できません。取り外せば再び妊娠することもできます。

ミレーナは合成黄体ホルモンを子宮内に直接、放出するIUDシステムです。避妊はもちろん、過多月経、月経困難症にも効果があり、子宮内膜症(子宮腺筋症)、子宮内膜増殖症には保険適用があります。

避妊リング(FD-1 / 2年ごと交換) 挿入 27,000円
抜去 7,000円
避妊リング(ミレーナ)
※診断により保険適用あり
挿入 60,000円
抜去 7,000円

緊急避妊

性行為後、なるべく早めにお越しください。プラノバールという中用量ピルを処方いたします。明らかに妊娠している方は対象外となりますので、ご注意ください。

プラノバール 5,000円
ノルレボ 15,000円+税

生理日変更

旅行や受験などのため、月経周期を変更させることができます。当院では基本的には、生理を遅らせる方法を採用しています。生理予定日の5日程前から、中用量ピル(プラノバール)を毎日1錠服用していただきます。できるだけ一定の時刻に内服してください。以後、生理を遅らせたい日まで内服します。内服を止めてから2~3日後で生理がきます。

生理予定日の1周間前を目安に受診していただくと失敗が少ないかと思われます。遅らせたい日をお伺いして、必要な分を処方いたします。

プラノバール 4,000円

※2018年より自費の料金に基本的に外税が発生いたしますのでご了承ください

中絶手術について

当院は母体保護法の認可病院です。豊富な経験、熟練した母体保護法指定医が担当します。妊娠12週未満までの中絶手術を承ります。

中絶手術の流れ

安心、安全のため、以下の手順で手術を実施しております。

診察、検査

問診と超音波検査で正確な妊娠週数を診断します。手術に必要な血液検査を行い、術前、術後の注意点を説明します。また、母体保護法の適応状況の説明書と同意書をお渡しします。

安全のための前処置

当院では子宮口の拡大を強引には行わず、症例により、前処置としてゆっくり子宮口を拡大する器具(ラミナリア)を子宮口に挿入することがあります。

麻酔

リスクに備えて血管を確保し、静脈麻酔(全身麻酔)で眠っている間に手術を行います。

万全の管理体制

手術は全身状態のモニター下(生体モニターによる、血圧、脈拍、呼吸数、ECG、経皮的動脈酸素飽和度測定下)、安全には万全で臨みます。

手術手技

吸引装置をメインに使用し、乱暴な操作は行いません。

術後安静

安静室で完全に麻酔が覚醒するまでお休みいただきます(2~3時間)。

ご帰宅方法

ご自身での運転による帰宅はご遠慮ください。どなたかに車で迎えに来ていただくのがベストですが、難しい場合は公共交通機関でのご帰宅を推奨します。当院は千駄木駅から徒歩3~4分です。

料金のご案内

妊娠9週未満 110,000円
妊娠9週~12週未満 130,000円
術前検査(エコー、HIV含む) 10,000円(初診料別)

※2018年より自費の料金に基本的に外税が発生いたしますのでご了承ください

ページの先頭へ